2005年 02月 23日

ワッフルトレーナー×3

今日はワッフルトレーナーを3種類紹介します。
ワッフルトレーナーは一番好きなモデル。
ナイキが好きになったのもワッフルソールが画期的で
1977年の日本にはじめて入ってきたときのカタログや
ポパイでの紹介を見たとき、大げさだけどカルチャーショックだった。
ナイキの代名詞といってもいいモデルだと思うしね。
で、ヴィンテージを集めたのもワッフルトレーナーが始め。
それ以来たくさん集まった。
今日の写真は代表的なモデル。
年代が古い順に、左から筆記体、履き口白、履き口黄色。
そのほかにも、赤/白の筆記体、レディースモデル、キャンバスモデル
紺/赤のⅡ、1991復刻、1998復刻などいろいろありますね。
最近はヘリテージラインで当時のテイストを再現してるけど、
復刻は全体的にぼてっとして、確かに性能は良くなっているのだろうけど
味がなくなってますね。
ナイキに詳しい友人に聞いたところ、例えばナイロン素材にしても、
当時の技術から比べると最近は数段進歩しているため、ナイキとしても
わざわざ性能の悪い素材を造ってまで復刻する意味はないということらしい。
確かにカジュアル路線ならまだしも、スポーツするなら性能が一番でしょうしね。
ナイキの基本的な考え方なんでしょうね。
c0047759_21162940.jpg

[PR]

by tnike3946 | 2005-02-23 21:25


<< 体育館シューズ?      フランチャイズとフランチャイズ >>