ナイキコレクター1500/120000000

tnike3946.exblog.jp
ブログトップ

2005年 02月 03日 ( 2 )


2005年 02月 03日

わからないこともまだまだ多い

ナイキがブルーリボンスポーツだった頃、青箱ってあった?
白箱もあった?
カナダ箱以外の国の箱はあったのか?
シューズ袋が付いていたのはいつから、いつまでか?
最近のデッドでも付いていないものが多いけど。(最初に買ったフランチャイズには付いてた。)
フランチャイズはどうしてランニングシューズからバスケットシューズに名前をつけかえたのか。
ワッフルソールの張替えをしてもらえるショップがあったけど、ナイキでソールのみ購入できたのか?
そのほかモデル名称がわからないものもあるし、さらに研究を続けていこうと思ってます。




c0047759_22171976.jpg

[PR]

by tnike3946 | 2005-02-03 14:29 | ファッション
2005年 02月 03日

いつのころからか

スニーカーが好きになったのはいつのころからか思い出してみると、
小学校6年生のころ、運動靴(このころはスニーカーをこう呼んでいたと思う)を
買いに近所のサッカー専門店に。そこで目に飛び込んできたのが、
PUMAの確かフリッパー。
でもその当時としてはとんでもなく高価で確か12000円位した。
1万円を親に預かってきていたが、足りなく、また家に戻って親に頼み込んで買ってもらった。
初めて買った高価なスニーカーだったと思う。
そのときがはじまり。
中学に入って、ナイキが日本発売開始。ポパイではおなじみのナイキだったので、即スポーツショップでカタログをゲット。
1枚もののオレンジのチラシ的なカタログ。
学校で友達達とどれを買おうか研究しあってた。
その当時ナイキは高価で、中でもLD1000は11,000円さすがに買えない。
せいぜいコルテッツぐらいが買える程度。結局買ったのはカタログに載っていない、フランチャイズ(ランニングのほう)、7,800円くらいだったかな?
最近フランチャイズはゲットしたけど、PUMAフリッパーは探し中。
思い出の2足はやっぱり揃えたい。
このあたりからスニーカー熱は高まっていたけど、お金もなく、しばらく休憩。
当時の興味はVAN。メンズクラブ、ポパイを読みながら、洋服買い。
東京、横浜に友達と買いものにも出かけたりしてた。
それから30年位経た今、お金も少し余裕が出来、
当時買えなかったものが買えるようになり衝動買いの日々。
部屋いっぱいのスニーカーの箱を毎日眺めながらの幸せな生活を送ってる。
c0047759_21471194.jpg

[PR]

by tnike3946 | 2005-02-03 14:03 | ファッション